news

news

窪田ミナ

Mina Kubota

作曲家・ピアニスト

 

福岡県生まれ。4歳から音楽教室で作曲を始め、5歳からピアノを学ぶ。10歳の時、ロストロポービッチ氏のマスタークラスを受けたのをきっかけに同氏に認められ、その頃より世界各地で演奏活動を行う。1983年には米国ワシントンD.C.のケネディーセンターでのコンサートに招かれ、ロストロポービッチ氏指揮のもと米ナショナル響と自作曲を共演。その後も同氏やロベルト・ハネル氏、小林研一郎氏、外山雄三氏、小泉ひろし氏、黒岩秀臣氏などと国内外のオーケストラ(N響、新日本フィル、大フィル、名フィル、九響、英室内響、仏国営放送響、ベルリン放送響)とアメリカ(ニューヨーク国連総会議場含む)、イギリス、フランス、東西ドイツ、メキシコ、イスラエルで共演。
高校卒業後、奨学生として英国王立音楽院(Royal Academy of Music)の作曲科及び、商業音楽科に入学。ニック・イングマン氏、クリス・ブラウン氏に師事し94年卒業。英国王立音楽院大学院(Royal Academy of Music, Postgraduate)に進み翌年卒業。在学中Lansdown Award (Sponsored by CTS Studios)を受賞、Eric Coats Prizeのファイナリストに選ばれる。その後英国内にてポップスからクラシックまで幅広いフィールドのアーティストの作品に参加。
2001年より拠点を日本に移し、作曲編曲家、プロデューサーの他ピアニストとしても活躍中。数多くのテレビドラマ、映画、アニメ等の音楽を担当しており、映像音楽の代表作として、連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」、映画「その夜の侍」「葛城事件」、劇場版アニメ「ももへの手紙」、テレビアニメ「カレイドスター」「マクロスΔ」、テレビドラマ「マイリトルシェフ」「東野圭吾・変身」「山女日記」「イノセント・デイズ」などが挙げられる。自身のオリジナル・アルバムとして『モーメント』(2008)、『Crystal Tales』(2011)をリリース。

 

Born in Fukuoka, Japan, Mina Kubota started composing music at the age of four at a music school and began her piano career in the following year. She was recognized by Mstislav Rostropovich at the age of 10 as she took his master class, while performing around the world. In 1983, she was invited to perform at the Kennedy Center in Washington DC, where she played her own composition with the National Symphony Orchestra, conducted by Rostropovich. She also performed with the NHK Symphony Orchestra, the New Japan Philharmonic, the Osaka Philharmonic Orchestra, the Nagoya Philharmonic Orchestra, the Kyushu Symphony Orchestra, English Chamber Orchestra, Orchestre Philharmonique de Radio France and the Berlin Radio Symphony Orchestra with Rostropovich, Robert Hanell, Kenichiro Kobayashi, Yuzo Toyama, Hiroshi Koizumi and Hideomi Kuroiwa conducting these prestigious orchestras in Japan, the U.S. (including the UN General Assembly Hall in New York), the U.K., France, Germany, Mexico and Israel.

After graduating from high school, Mina enrolled in the Royal Academy of Music in London to study composition and commercial music with Nick Ingman and Chris Brown and completed these courses in 1994, followed by the completion of a postgraduate degree a year later. While in the academy, she received the Lansdowne Award, sponsored by CTS Studios, and was among the finalists of the Eric Coats Prize. She also performed with artists from a wide range of genres in the U.K., from pop to classical music.

Mina has been active as a pianist as well as a composer, arranger and producer since she moved to Japan in 2001, composing and arranging a variety of music for TV dramas, films, animation, etc. Her signature work includes music for the NHK TV drama "Gegege no Nyobo" ("My Husband is a Cartoonist"), the animated feature film "Momo e no Tegami" ("A Letter to Momo"), the film "Sono Yoru no Samurai" ("The Samurai That Night"), the TV animation "Kaleidostar", TV mini-series "Henshin" and the TV drama "Last Doctor". In addition, she has released two albums of her own: Moment (2008, Victor Entertainment) and Crystal Tales (2011, Aten Recordings).

COMMENT

デビューアルバム「モーメント」をリリースする際に頂いたコメントです。

 

葉加瀬 太郎 [ ヴァイオリニスト ]

ずっとこの日を待ち続けていた。 彼女の才能にはじめて出会ったのは12年前のロンドンだった。 その時からすでに彼女の描くスコアは鋭く官能的で雄弁で美しかった。 やっと時代がミナの音楽について来たのだ。

 

佐藤 順一 [ アニメーション監督 ]

なんと音楽のボキャブラリが多彩なんだろう…。 『カレイドスター』という作品で、窪田さんが作曲してくれたBGMを、初めて聴いた時の印象だ。 僕のイメージを軽々と飛び越えて自由に広がる音楽を聴くのは、とても心地よい経験だった。 音楽を聴きながら、 この人は音楽を作るのが楽しいに違いないと勝手に確信した。きっと メロディーが湧きあふれてくるに違いないと。 そして、もっといろいろ聞きたいという欲求に駆られて、『ARIA』という作品でも主題歌をお願いし、 また新しい色で楽しませてもらった。この、楽しみにしていたアルバム「MOMENT」の中にも、 あふれ出る音楽を楽しんでいるかのような窪田さんの素顔が垣間見えるような気がする。 浸っていると心地よく、不思議に幸せな気持ちになってくるのだ。

 

源 孝志 [ 映画監督、演出家、脚本家) ]

最近、ある音楽ドキュメンタリーをパリのスコラ・カントルム音楽院で撮影したのだが、 ああいう ヨーロッパの音楽学校には、どこか共通する独特の雰囲気がある。世間のリアルな事共から 密やかに隔離され、 学生達は皆ただならぬ何事かを大切に隠し持っているかのようにナイーヴ で言葉少ない。 窪田ミナにもそういう雰囲気を濃厚に感じるのは僕だけだろうか? 英国王立音楽院出身だという先入観がそうさせるのかもしれないが、 彼女が 「ただならぬ何かを隠し持っている」ことは確かだろう。しかしながら、 作曲家としての窪田ミナの 美点は「出し惜しみしない」ことでもある。彼女の頭の中のどのドアをノックしても、 両手いっぱいのアイデアを抱えて、微笑みながら窪田ミナが出てくる・・・そんな感じだ。 だからまた違うドアをノックしてみたくなる。

 

ニック・イングマン [ 指揮者・編曲家 ]

窪田ミナとは、私が教授を務めていた英国王立音楽院に当時新設された商業音楽科で、 私の生徒として出会いました。 その新しい学科で、私と十数人の生徒たちは新しい音楽の世界を 切り開いていこうと目まぐるしい日々を過ごしていました。 慣れない国や文化である上に、たった2人の女生徒のうちの1人として、学内の新しい環境に 入っていくことは、 ミナにとって大きな挑戦であったに違いありません。しかし彼女は平静かつ 決然としたやり方でそれらの障害を乗り越えスター学生となり、 またそんな彼女に教えることは 私の楽しみでもありました。 そんな訳で、数年後に彼女と再会して、このアルバムの為に彼女の作品をロンドンの アビーロード・スタジオで指揮したことは、 私にとって格別に喜ばしいことでした。ミナの作品を 聴くとすぐ分るのですが、彼女は実によく音を聴き分け、音そのものの特質を理解し吸収した上で、 彼女ならではの非常に特徴的で美しい烙印をこのアルバムの音楽に刻んでいます。 よくやったね、ミナ... “A ”だと思うよ!